デリヘルでの私の面接体験

風俗勤務に興味のある女の子や、すでに風俗求人をチェックし始めている女の子が知りたいのは、報酬でもプレイ内容でもなくて、面接はどんな感じなのか?という事が多いです。私はデリヘルで3年ほど働いていて、たまに質問を受ける事がありますが、たいていは面接についてです。
意外な感じもしますけど、まあ最初の関門と言えますから内容を知りたいのでしょうね。私はこれまで2つのデリヘルで勤務経験がありますが、最初のデリヘルは小さい事務所があって、そこで面接を受けました。
聞かれた内容は普通の面接と基本的には同じでした。ただし男性経験や嫌いなプレイなども聞かれましたね。重要なのかも知れません。今も働いている2つ目のお店は事務所がありませんでしたので、ホテルで面接を受けました。
私は研修も一緒にやるのかなと思ったのですが、そうではなくてサイトに載せる写真の撮影を兼ねていたのです。だから脱ぎましたね。でも割と事務的的な感じで特に問題なく終わりました。
私の場合はこんな感じでした。中には面接と一緒に研修も行う場合もあるようですので、風俗求人に応募する場合は一応心構えをしておきましょう。ちなみに面接で落とされる事はまずないと思います。

基本的なことからですが、風俗店の選び方についてはおおまかにいってしまうと、有名店であるほうが稼ぎがよかったり、待遇がよかったりする傾向があるということと、求人サイトなどでもより詳細な情報を提供してくれているお店であることなどが重要で、あとは自分が働きやすそうなジャンルの風俗店であったり、価値観にあったお店選びが重要になってきます。
さて、本題の面接についてです。
大体の場合、予め用意しておくものは「履歴書」や免許証や保険証などの「本人確認書類」、そして「印鑑」などです。
言わずもがなだと思いますが、履歴書も適当に書かず、なるべく丁寧に読みやすいように書き、面接の際に持参しましょう。
いわゆる「店舗型」のお店である場合はそのお店の一室などが面接場所になることが多いです。
「派遣型」の場合は面接場所が様々ですが、自宅から近い場所まで担当者が出向いてくれることもありますし、面接を受ける側にすれば幾分楽かもしれません。
面接内容と対処法ですが、それほど難しく考える必要はありません。
服装は派手目や露出が高いものよりは、清楚系でおとなしめの服装の方が好印象を与えられるでしょう。
お店側が求める女性のタイプにもよりますが、基本的に清楚系で攻めた方が間違いないです。
相手側からの質問も特殊なことなどはないはずです。
ただかなり細かいことまで聞かれるかもしれませんが、ハキハキと答えていけば問題ないはずですし、質問を受けるだけではなく、こちらからも様々な疑問などを質問をしていきましょう。
お互いがよく知る機会になるのが面接ですし、今後働く上でも大事なことです。

おすすめ関連サイト

雄琴のソープ求人をお探しなら求人サイトのはてなジョブ
三宮で風俗の求人探しは:ベストスマイル
京都で高収入求人はプレジャーが良い
京都の風俗アルバイト情報ならオナクラのシークレット
京都の風俗求人で一押しのお店はデリヘル倶楽部

サブコンテンツ

このページの先頭へ